music&fiorentina...


by 708-z

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大阪

とある用事により大阪に来ている。

人が多かった・・・
[PR]
by 708-z | 2006-02-28 17:17 | diary

NOKIAの逆襲

とうとうドコモで念願のNOKIA端末が登場する。
iアプリの性能は503i並み、メールで画像を送れない、テレビ電話ができない等現行の携帯電話に比べたら見劣りする部分は多いが、上記の機能をほとんど使わない自分としては問題ない。
24日発売だが、いくらぐらいで販売されるのだろうか?
b0042962_2344343.jpg

[PR]
by 708-z | 2006-02-17 23:05 | other
一時は巷のニュースを独占していた一連のライブドア事件。各マスコミはこぞってこのニュースを取りあげていた。耐震偽装問題などなかったことのような気にさせてしまうほど、このニュースは集中豪雨のごとく報道されていた。では、なぜこのように今回ライブドアの事件は大きく取りあげられたのだろうか?ニュース・バリューという観点から考察してみることにする。

ニュース・バリューは「犬が人をかんでもニュースにならないが、人が犬をかんだらニュースになる」ように、人びとの興味・関心を引く事柄ほどその度合いは大きくなる。ここで重要なのは、ニュースを構成する5W1Hを考えてこの事件がどのようにして人びとの興味・関心を引いたのかである。

Who
時代の寵児ともいわれ、球団新規参入立候補、日本放送及びフジテレビの乗っ取り、衆議院議員選挙への出馬、と何かと話題の中心にいたライブドア社長ホリエモン。

When
構造計算書の偽造発覚に始まる前代未聞の建築業界スキャンダル真っ最中の時。また、衆議院議員選挙落選後、ホリエモンは宇宙事業を開始したり、吉川ひなのと自家用ジェットで旅行していたことが発覚した時。

Where
強制捜査が入ったのは、IT長者が集う六本木ヒルズ。粉飾決算などの偽計取引もここで指示された模様。

What
子会社の売り上げを水増しさせた、つまり粉飾決算を行った。

Why
ライブドア自社株の株価を上げるために。そして、ホリエモンの夢である時価総額世界一のため。

How
ライブドアの子会社であるマネーライフ社を買収するのだが、ライブドアの子会社化した後業績が上がったように決算を水増して報告しいた。

以上のことを総合すると、このライブドア事件に大きなニュース・バリューが存在することがよくわかる。まず、事件の中心にいるのが時代の寵児ホリエモン。事件発覚のタイミングもマンションの偽造設計という大きな事件が取りあげられていたまっただ中であり、人びとにまだすごい事件があったのかと思わせたということで衝撃は大きかった。さらに、強制捜査が入った場所も、日本で最も有名なビルである六本木ヒルズ。やっていたこと自体はニュースになることのほどでもないが(おそらくライブドアの知名度が低いならニュースにはならないだろう)、これだけ要素があると十分だ。加えて、ホリエモンが重要視していた株で自滅したことも人びとの興味・関心を引きニュース・バリューを高めている。

推定無罪の原則を無視しまくって、既に有罪が確定したかのようにホリエモンを悪者扱いしているがもしも無罪ということになれば、マスコミの対応はどうなるのだろう。ひねくれているとは思うが、ホリエモン無罪になったときのマスコミのあわてふためき具合を見てみたい気がする。(自分はホリエモン好きではないけど)

最近かたい。お堅い内容つづきかも・・・ ヤヴァイな・・・
[PR]
by 708-z | 2006-02-15 01:28 | other

応募受付中

ここのところ、受験勉強に追われて時間的にというより精神的にThe Targetsで音楽レビューを書く余裕がない。
今年になってThe Strokesのレビューしかかけてない体たらく・・・
あと一ヶ月弱で試験が終わるのでそれまで新規追加はおそらくないです。すいません。
終わったら今までの停滞を吹き飛ばすほどに書きまくりますので許してください。

ネタ切れというわけではないんですがこのブランクの間に、もし皆さんが何かレビューして欲しい作品があれば教えてください。聴いたことがなければなんとしてでも音源を手に入れて聴いて書きますのでよろしくお願いします。

というわけで、レビュー作品募集中です。
[PR]
by 708-z | 2006-02-08 01:52 | other

ブラックジョーク論

ブラックジョークが大好きだ。
侮蔑が入っているからとか、下品だからとかいう理由で敬遠する人も多いのも事実だ。

たしかに、見方によってはとてもじゃないが直視できないものだろう。
しかし、ちょっと見方を変えると社会風刺的な要素が垣間見えてくる。例えば、アメリカでは「サウスパーク」や「シンプソンズ」といってアニメにはその要素は多い。
日本においては、社会風刺的なブラックジョークの番組は少ないように感じるが、昔放送されていた「ブラック・ワイドショー」は該当するだろう。それからゆきんこ氏は、ラーメンズのネタはブラックだといっている。

上記のテレビ番組に中でも、特に「サウスパーク」ブラックの度合いが格段に濃い。一見しただけでは差別的だとか、偏見的、下品だとかいわれても最もな内容だ。社会風刺を含んでいるという視点から見るならば、ブラックジョークは人間をよく表しているものだと思う。つまり、多少のデフォルメはあるがこれこそが社会の現状を表していて、またその社会に生きる人間を真の姿が表れている。したがって「サウスパーク」にはそのことがよく表れている。

人間は完璧な存在ではなく、いい加減な存在として前提することのほうがよっぽど自然だと思う。めんどくさいことはやりたくない、暑いときは外に出たくない、寒いときも同様。なんていうのは人間だれしもが持っている本質だ。

そういった、人間の本質的な部分を否定し、人間を完璧な存在として美化しようとする考え方には少々抵抗を感じてしまう。
元来自分のものぐさな性格も大きく関わっているのだろう。

いい加減な存在として人間を浮き彫りにしてくれる、ブラックジョークは人間の人間らしさが最も表れていると考えてしまうのだ。
[PR]
by 708-z | 2006-02-05 16:34 | other